「 容積の絵画 」 信田俊郎 / シダアートスタジオ代表

 30年余り抽象絵画を考えてきた。キャンバスという矩形の構造である垂直性と水平性を、絵画の内部に取り込んでいくという方法で制作を続けてずいぶん経った。私の考えでは、このことによって絵の内部が常に絵の外とつながっている、言い換えれば、一枚の絵が同時に断片でもあるような、自己完結しない絵画ができたと思う。 

 絵画は、色彩による2次元の表現であり、それは面積の話のように思えるが、私は絵画の容積ということが頭から離れない。できることなら、私の絵の前に立った人とつながっているような、あるいはまた、その人を包み込むような、3次元的な色彩の場としての絵画空間を生み出したいと願っている。

 

Artist Profile:Shida Toshiro

1953年 新潟県佐渡市生まれ / '78 新潟大学教育学部美術科卒業 / '79 初個展(アトリエ我廊、新潟) / 以降個展を中心に活動 / '11 「新潟の画家たち」(新潟県立万代島美術館)

詳細はこちら 


Japanese Heart Series

日本の伝統工芸的な手法を取り入れたハートのオブジェ。

 

Information

2016年

4月

07日

制作現場 2016年4月

四月の游文舎グループ展、7月のkaede  gallery+full  moon個展に向けて、サイズの小さいものも含め制作中です。

0 コメント

2016年

3月

06日

新津美術館主催 「東区の隠れた名品展」に作品展示

今から22年前、1994年制作の油彩「SHIMA1994」F100号が展示されています。

懐かしく対面してきました。制作当時を思い出しました。新潟市立木戸中学校に所蔵されているものです。

1 コメント

2015年

10月

26日

游文舎個展始まりました。10月24日(土)から11月1日(日)まで。26日(月)は休廊です。今回は色彩の密度がかなり上がったと思っています。

0 コメント

1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)